FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大魔導士伝・第四話^-^ノ

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

大魔導士伝・第四話^-^

こんにちは^^

お花見してきたよん^-^ふっふふ~♪

今回はおにぎり落とさなかったでしよ!!!でも・・お茶こぼしたかもね

美味しくお弁当を頂いて 綺麗な桃色のお花の下でマッタリしてたの

公園だったからね^^ブランコしてみたり(楽しいよっ!)

いっぱいねおにぎりを食べちゃったけど!しっかりと運動したから

OKなのでし!!!うんうん^^また行きたいなーって思います♪

さてさてっ!今日はね~

大魔導士伝のつづきだよ^-^

ふぉっふぉっふぉっ!紙芝居のはじま~りっはじまり~じゃよ♪








勇気と再会の巻き~^-^ノ

一人ドームに出陣したメイジあかねは

これまで見た事のない感じた事のない戦いに挑む

メイジスクール最後の生き残りとしてドームの大ボス・パパとの

一騎打ちに挑戦したのであった

パパ戦闘能力は・・・まさに圧倒的な程であった!

あかねはこの戦いにて・・・おっちゃんのアドバイスの意味を知ることとなった

もはや・・・タイマン・メイジなど・・・時代遅れなのだと・・

メイジの誇りと・・スクール魂は一瞬のうちに敗れ去ったのである

言い訳をし・・逃げ帰るあかね!そこに待っていた者とは?
(ナ・・ナレーションのつもり


大魔導士伝・第四話
        再会と勇気の巻き


おっちゃんと家の中には・・・謎の男!

名前が・・・・ん?誰だろ~?

おっちゃんはオドオドするあかねを見て笑っていました・・・

復帰者?も・・もしかして・・・・・

師匠!!!!!!!

そう叫んだあかね!するとおっちゃんが言いました

おっちゃん「なわけねーだろ!アイツ師匠と間違われてショックうけるぞWW」

兄でもリュウトでもないし!ハーンズくんならすぐにわかる!


あかね「もしかしてーー!ピポなの!?」

おっちゃん「だははっwまたしても間違われてるしっ!」

謎の男「俺を忘れたと言うのか・・・


あうあう!だれなの?わかんないーーーー!早く教えてよ!

謎の男はあかねハウスからゆっくりと出てきたの!

あかね「む?あっ!!わかった~^-^













黒ちゃん登場^^

なんと!その男はメイジスクールが盛んな頃に出会った

黒戦士さんだったの!師匠がいた頃にね

戦士だけどメイジスクールで修行したことのある黒ちゃん!

あかねのお友達で一緒にサベージ相手にトライバルスピアを狙って狩した仲^^

黒ちゃんも復帰して毎日のようにスキル上げしてたらしいの

前のキャラも戦士!今回の新キャラも戦士!!!!!!

2人目のソードマンらしいです^^色は黒!何が変わったかと言えば・・・

ローブを着てた事と・・・微妙に名前が変わっていた事です

というか・・・失礼ながら・・・忘れてたかもでし!!
(これ・・・内緒ね~♪^-^)


黒ちゃん「ふっ・・師匠とピポさんじゃなくて・・悪かったな・・・」

おっちゃん「ぐっは!うけるW」

あかね「あは^^;だって久しぶりすぎるんだもの!!!」

あかね「昔よりカッコいくなったね~^-^黒ちゃ~ん♪」

黒ちゃん「・・・・・・ あは^-^」

忘れていたあかね!なんとか・・・ごまかしに成功!

黒ちゃんはたしか・・・師匠が引退して少ししてから見なくなったの

あかねもハーンズくんも桜に行ったから

黒ちゃんの活動はわからなかったのね

でもこうして再会できてこの時はとっても感激しました!

だって・・おっちゃんはさ・・・先輩だしさ・・

黒ちゃんはあかねと同レベルな人だからね嬉しかったの^^

黒ちゃんとあかねで喜びの連続お辞儀をして再会を喜び合ったでし^-^




お食事会^^

黒ちゃんとおっちゃんをお家に招待してのお食事会♪

たくさーん食べて飲んで!嬉しいよね^-^

あかねは料理の用意しなきゃだったのね二人の会話を聞いてたの

おっちゃん「新キャラって言うけど・・またソードか?」

黒ちゃん「ああ・・・ただのソードではない・・ソード110だ・・」

おっちゃん「中途半端な・・W ネクパラなのか?」

黒ちゃん「笑止!俺は純粋な包帯魔法戦士だ!」

黒ちゃんが言いたかった事はね

ネクロであってもパラディンであってもどちらとも中途半端な

スキルを入れるのが嫌だったことと

ネクロは悪のイメージ!パラディンは正義のイメージで

善と悪をハッキリとさせれない事がロールプレイに反しているとの事だったの


おっちゃん「魔法ってリコのため?騎士リコできるんだぞ?」

黒ちゃん「なにぃぃぃぃ!!!バカな・・・・」

おっちゃん「WWW」

この反応には・・・あかねもリアルでうけました^^

可愛いでし!というか何だろ^^純戦士で昔のままのスタイルにて

戦い!ロールプレイしている黒ちゃんが大好き^^

ドームでの敗北を忘れさせてくれるひと時^^

おっちゃんは黒ちゃんにドームの事やAFの事とか

現在の戦士のあり方を説明していました


おっちゃん「やっぱ!AF取ってガンガン稼がねえとな^^」

黒ちゃん「ふっ・・噂には聞いていたが・・金などいらぬ!欲しいのは伝説だ・・」

あかね「うんうん^^そうだよね~!金より勝利がほしい^^」

黒ちゃんももしかしたらね・・・

バトル戦士なのかもって思いました^^

アイテムやお金というより・・・戦って勝つことが一番の報酬!

おっちゃんのネクパラへの誘いを黒ちゃんも断ったの^^

この時に思いました^^同じ志しを待つ仲間がいるんだってね^-^

そして・・・黒ちゃんは必要以上に誘うおっちゃんに言いました


黒ちゃん「笑止!ドームのボスであろうが・・俺の敵ではない!」

黒ちゃん「・・・フッフッフッ・・・」(マクロ登録)

おっちゃん「おもろいなーW黒ちゃん最高!まあ頑張れよ^^」

しばらくしておっちゃんはドームに出かけていきました

あかねと黒ちゃんでお話したの^^

これから二人で遊ぼうねって^^ドームの事は・・・忘れて

マッタリ二人で遊べたらいいかもって思いました^^

純戦士と純メイジ^^

黒ちゃんの最近の狩場はね

アリの巣らしいの^^あかねはあまり行った事がなくてね

黒ちゃんが楽しそうにアリのお話してくれたの^^

そこで戦えば・・どんな強敵にも負けないって黒ちゃんが言っていました

正直・・こんな人好きです^-^

だって・・お金とかアイテムを効率的に狙っているおっちゃんとは

遊びにくかったし・・・スキルを強制的にこうしろとか言われてもね><

私は!メイジだってーのっ!ね~^^黒ちゃん!

包帯魔法戦士の黒戦士さんとメイジあかねはアリの巣に出かけることに^^





とりゃあ~^^エイエイ!あちょ~!






あは・・・・^^

黒ちゃん死にすぎーー!

すごい・・・死んでいた黒ちゃん!アリを叩くと地面に酸が落ちるのに

張り付いて死亡!あかねはアントライオンの地中もぐり攻撃に慌てたり^^

楽しかったのーーーー^^

黒ちゃん「くっ・・おかしい・・ラグかもしれん・・・」

あかね「あは^^;がんばれー黒ちゃん!黒戦士様!」

黒ちゃん「あは^^・・・覚悟しろアリ!」

本人は本当に真面目なの!ワザと死んだりじゃなくて本気です

なので・・・すごーーく可愛らしくてね^^

微笑ましく狩を楽しんだあかね^^

しかし・・・死にまくる黒ちゃんを蘇生しまくり!そして回復!

秘薬がなくなったの!すると黒ちゃんは言いました

黒ちゃん「あかね・・いまだに秘薬持ちなのか?」

あかね「うんうん^^なんで?」

黒ちゃんは質問するあかねを連れてアリの巣から帰ることに

黒ちゃんを追って走るあかね

ついたその場所は!



黒ちゃんとお買い物^-^

黒ちゃんの行きつけのお店だったの^^

いろんな商品が売っててねすごかったです

あかねは基本的に物の価値がわかんないからね

いつもお店見てもお洋服ばっかり買ったりしていましたの^^

そこで黒ちゃんは秘薬低減装備で高抵抗の装備を捜してくれたの!

黒ちゃん「買ってやるぜ・・・ふっ!」

なんと!低減のマギ帽子!と他のパーツだったの!

ベンダー「セットで100000Gになります^-^」

あかね「わーわー^^ありがとううう黒ちゃん!」

黒ちゃん「・・・・あは^^・・・・」

けっこう高いセットの低減装備を勝ってもらったあかね^^

そんなこんなで^^黒ちゃんとしばらく普通の狩やお食事会や

お喋りして毎日ね遊んでいたの^^(あかねハウスに居候)

そんな黒ちゃんに本音で言ってみたのドームでの敗北の事をね


黒ちゃん「負けたか・・・あかねがな・・・」

あかね「やっぱり・・あかねは師匠になれないよ^^」

黒ちゃん「なりたいか?師匠に・・」

あかね「なれるもんならね~^^;でも無理でしよ><」

そんな会話をしていたの

すると黒ちゃんが言ってくれたお言葉がありました


黒ちゃん名言

師匠になれなくてもいいじゃないか

あかねというスーパーメイジを目指せ

負けたことは経験で大切なのは

その負けから逃げない事だ


このお言葉を頂いた私は思いました

パパにやられて・・・メイジとして自信がなくなり

師匠の拳法は通用しないんだと勝手に思ってた

ここから・・・逃げ出したらさ

何も出来ないままのスネ子ちゃんだよね

逃げないで戦えばさ

師匠ってすごーーーいのっ!メイジスクールってすごいの~って^^

私はメイジ大好きって自慢できるかも^^

そう思いました^^

あかね「じゃあさ^^黒ちゃんってUOで夢あるる?」

黒ちゃん「夢か・・・俺の夢は・・・」







二人の夢^^

あかね「じゃあさ^^あかねは大魔導士^^

一対一で勝つ!それがメイジスクールの戦闘法

バトルメイジ^^黒ちゃんは戦士だけどね

包帯に魔法に武器のスキルでしょ^^

ほとんど同じみたいなものでし^^

死にまくっても^^元気で可愛い黒ちゃんを見てると

なんか・・勇気が出たの!うんうん!私はね

私は師匠から貰った称号があるの!!!

         毘沙門天

この意味はいずれわかるとの教えでした

敗北から数十日の時が過ぎた頃に私は黒ちゃんのおかげで

ハングリーなハートを取り戻すことができました

燃える・・・熱い!燃え上がる思いでし!

あかね「ねえねえ^^黒ちゃん!二人でドームボコボコにしにいこうよ!」

黒ちゃん「ふっ・・・望むところだ・・フッフッフッ!」

二人の士気はマックス!!!!

体の底からワクワクするこの気持ち^^今度は!

まけないよ~^-^

再び挑戦でし!^^

メイジ集団の奇襲攻撃+大混戦!上等でし^^

もう同じ手はくわないもん^^

それにもう一人じゃないんだ!

本物のメイジの戦いを見せてあげるから

待ってなさい!

二人はドームへ出陣するのであった

今日はここまで^-^

次回予告
    私の仲間をイジメルな~!


長々と書き書きしましたが

最後まで見てくれてありがとうございます^^

また頑張って書きますので見てくれると嬉しいです!

あかねのご挨拶

ばいばーい^-^ノシ
スポンサーサイト
コメント

おお!?

まさかの黒様wwwうけるwwタイミングがよすぎるwwしかし、黒さんには妙に親近感が沸くのはなぜだろうw負けは財産よね~悔しいけど次につながるよな~AFなんていらないんだよ!!UOAもいらないのだ!!根性さえあればなんとかなるんだ!!気合と根性だ!!あ~~昔みたいに古代竜を毒殺とかしたい・・・・・(><即解毒されるんだよね~今・・・・
次の話も楽しみにしとるぞ~はーんずちゃんは元気にしとるか~?そういやふぃくさんがINしてたな復帰しとるみたいでえがったえがった(^^

元気だよ~♪

黒ちゃんまじおもろいわ(笑
さすがの私も黒ちゃんの天然にだけは
勝てないわ@@;

だけど名言?だっけ
なかなかええこと言う
少し見直したわ^-^

親分!!私は元気だよ~
親分も体調管理は気をつけなさい!!
ふぃくちゃん復帰してるんだね
がんばってほしいな^-^

あかねちゃん次の話も楽しみにしとるよ♪

いらっしゃいませ♪^^ノ


こんにちは^^

ミトさんへ
コメントありがとうね^-^

うん^^おっちゃんのおかげで黒ちゃんと再会できました^^
本人は(黒ちゃん)超真面目♪!可愛い人だったし
二人きりだとねたまに本音でお話してくれたり^^
あは^^たしかに・・親分も死の直前に・・・

ぎゃーーーすっとか叫んだり^^少しにてて可愛いでし!

あかね的に 黒ちゃんはおもしろ可愛い子^^

親分は何かあれば・・・ゾロでし!そんな印象ね^^

あかねもAFが欲しいとは思わなかったでし^^
ただ・・ぶっ飛ばしたかったでし^-^
UOAは・・・いるるる!ないと・・モンバットくんみたいに
弱いもん><
そうだったね~親分はUOAなしの・・張り付きメイジ!
もう・・ほぼ・・戦士でし!
その親分の新バトルメイジ戦法には・・・影響をうけてね
マネして一人でこっそり・・死んでいました!e-449
その事は・・・内緒ね!!!!!

たいがい思うけどね とらちゃんもあむちゃんもフィクちゃんもね
レベル高いよね
みんなドンドン強くなって昔のあかねとくらべて
みんな素晴らしい戦闘能力でし!

おお^^フィクちゃんが帰ってきてるんだね
またスクールのみんなとも会えたらいいね^^
たまには遊ぶのもいいかもでし♪
フィクちゃーーーーん!お帰りなさいね^-^
また会えたらお喋りしようーー^^ノ

さて!親分^^また書き書きするので
見てくれると嬉しいです!よしし今日も絵を何枚か描くね
それでは!次回!お楽しみに~^-^ノシ


ハーンズくんへ

コメントありがとうね^^

ワン!ワンワンワン!クゥ~ン!^-^

黒ちゃんのこと・・・兄といじめてたろ!
う~ん・・たしかに・・・時にいじめたくなるほど
可愛い人だったものね^^
あの時は・・・ハーンズくんが帰るまでいろいろあったもの!
ていうか・・・リアルで言いなさい!^^

親分が心配してるから
たまには元気な姿も見せてあげなきゃでし^-^
じゃあいまから絵を描くね~
今日も一日ふぁいと~^-^ノシ

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。